Vitamin Massage's Blog

たまーにゲイ向けのマッサージにいったりしたときの感想を書きます。ガチムチよりはスリ筋、おじさんとガッツリセックスよりは若者と軽く。About some impressions on gay-oriented (m4m) massage services (mostly Tokyo)

English gay hook-up slangs

以前、クラッカー・パッカー=白人専白人という英語のスラングを紹介しました。

最近通勤時間とかに意味なく赤いアプリをダラダラ見ていて、しかも近くにいる人でなく、オンライン最新順というワールドワイドな使い方(ていうか暇つぶし)をしています。
赤いアプリの世界分布がよくわかるんですが、まずアジア、それからアメリカが多いですが、アメリカでもアジア系の人が多いみたいですね。割合で言うと白人のほうが圧倒的に多いはずなんだけど、白人やラティーノと同じくらいの割合で出てくる気がする。あと、ヨーロッパではあんまり使われていないてことがよくわかります。

どうでもいい情報。

で、さらにどうでもいい情報が続くんですが、そう、それで英語のプロフィールを見ていると、いろいろ気づくことがあります。

まず、好きな映画やミュージシャンを100くらい載せている「ぼく文化人だから」プロフィールがすごい少ないこと。日本人にありがち。いや、いいんですけどね。僕は好きなんですけどね。だいたい、Hi、とかたまにそれに2,3行加わっているくらいです。

...でその加わっている2-3行の意味がわからなくてビックリします。
“HWP dude looking for NSA fun.”

あれ?ヒューレットパッカード?NASA?みたいな。
で、この一行、このゲイゲイしい毒舌ユーモアにあふれたブログによると、

HWP = Height Weight Proportional
身長と体重が適正で、肥満ではないってことらしいのですが、だいたいぽっちゃりやガチムチのひとが、オレはデブじゃないってことを言うためにこういう婉曲的な言い方をするらしいですね。
(よく考えたら日本語のGMとかGDとかも外人にとったら??ですよね)

一方のNSAは、
No strings attached. ヤリ目ってことですね(ちなみにずっとこれを僕は「やりめ」と読んでたんだけど、ヤリ目的の略だから「やりもく」ですよね...)

てことで、ぽっちゃりがセフレを探しているっていう意味らしい。

難しい!

Recently I kill my time checking the "red" hooking app but not looking for neighbors but people who have just logged in.
...And now I am finding out the meaning of a lot of internet-classified/hookup-slangs like HWP or NSA fun, which at first glance seemed to me like hieroglyph.
But maybe if you are looking for some Japanese cutie to hook up you will find it also complicated, like "yarimoku" "jani-kei" "gmgd" etc.