Vitamin Massage's Blog

たまーにゲイ向けのマッサージにいったりしたときの感想を書きます。ガチムチよりはスリ筋、おじさんとガッツリセックスよりは若者と軽く。About some impressions on gay-oriented (m4m) massage services (mostly Tokyo)

四谷三丁目 KOY

ちょっと趣向を変えようと思って、ヨガのところにいってきました。
四谷三丁目から新宿側に向かったところにあるKen OkumotoさんがやっているKOYです。Ken Okumoto Yoga (Yogi?)てことですね。恋?てなって星野源が脳内流れましたが。

ヨガ、ちょっとだけ友だちに誘われてやったことありますが、お遊び程度。
あのスピリチュアルな感じが苦手なんだよな〜と思いつつ、しかしゲイの全裸ヨガとなるとエロくノリよく楽しめるんではないか、と考えました。結果的にはめっちゃスピリチュアルやったw

ていうか、そもそも先達のこの辺を読んでいったんですよ、オレ。
ゲイパパさん。あまりきついことは書かないやさしいゲイパパさんが、すでにグループで全裸ヨガ経験を書いていて、わりと好意的には書いてるけど、どーなのこれ?いま思えば。ちなみに、ゲイパパさん、別のエントリーでもう一つのさらにディープなゲイヨガを紹介していますが、コメント欄がカオスです。
その辺を見ればですね、ヨギ恐るべし、ということはわかります。
続いて揚羽さん。これ、かなり名作エントリーというか、揚羽さんめっちゃスピリチュアル詳しいじゃん。いつも以上に冷静で、いまおもえばめっちゃ適確。面白い。
まだあるかもしれないけど、最後にエロサラリーマンさん。マッサージはとくに...て感じか。
うわーいま読むとほんとこれらの体験談読んでたのにな、オレ。

When
2016年。

Course
レッドタントラです。最大限にエロいことを考えていった自分がバカでした。

Place
どの駅からもそんなに近くないあたりのマンションにあります。ワンルームマンションですね。施術用の空間のようです。ここでグループレッスンしているんですね。

Staff
ご本人、40代なんですけどめっちゃ若々しいんですよ。顔も、整った顔立ち。体も、ほどよく脂肪と筋肉のついた、みんながうらやむような体です。雑談しているときなんか、とても自然で素敵なおじさまって感じです。
だけど、これ下心でタントラなんか選んだからかもしれないけど、施術中の尊士感がハンパないんですよ...。その非科学的なセリフやめてくれ!と心の中で叫んでいました。また声がね、なんというか重みがあんまりないんですよね...。ヨガ全体の考え方なのかわかんないんですけど、色と感情と体の部位の結びつきの考え方とかめちゃくちゃ単純ですよね。それ中学生が書いたラノベのほうがしっかりしてるよ、と思いました。中国のツボの方がずっと複雑。
...でも、ご本人があんなに若々しいってことはやはりチャクラは存在するってことなのかも...

Room
けっこうふつうのワンルーム。お風呂はややちゃちいです。今回は体を動かすヨガもやっていないしマッサージも受けていないのでそのへんのことはよくわかりません。

Massage & more
着くとパンツになっていろいろ謎のテストをされます。
占いみたいな感じの。あんまり逆らうとめんどくさいかと思って「そうですね」とか言ってました。
それがひとしきり終わるとすっぽんぽんになって二人で手を合わせてなんていうんですかね、シンクロした超軽い体操みたいなことをします。密着とかそういうのはなくて、右手と左手を合わせてこっちへ伸ばしたり、顔をあっちに向けたり。
それが終わるとあぐらをかいて向かい合ってチャクラを解放するみたいなので、ここが一番辛かったかも。
で、最後に後ろから手こきしてくれるんですけど、ぜんぜん可もなく不可もない感じなのですが、意外とすんなりと、あっさりとイッテしまいました。チャクラが解放されていたからなのか?向こうのを軽く触らせてもらっていたのですが、オレがいったときに向こうも興奮したのかびくってなったのはちょっとエロかったです。
それで終わりです。もう少し長いコースで、マッサージがつくコースもあるようです。
結局ここでオレのような人間が何を選べばいいのかわかりません。全裸ヨガのグループレッスンに行って、そこでヨガ仲間とhook upするというのが正解な気もします。

Homepage & info
もうひとつ、自分に合わなそうって気づくべきだったのは、ごちゃごちゃしたホームページです。
だいたいホームページがごちゃごちゃしている方と僕、あんまり合わないんですよね。ごたくならべてないで気持ちいいマッサージと抜きを頼みたいんですよ、こっちは。いろんな機能がついたガラケーじゃなくて、ボタン1つ、下手したら0個のiPhoneプリーズって感じです。
というわけで、運動系ヨガもタントラもマッサージもされていて、それぞれにバリエーションがあるのでどうしても情報がゴチャゴチャしがちです。さらにサプリメント的なものも販売されていて(これも嫌なんだよね,オレ)、さらにゴチャゴチャしています。メールもフォームがあってわかりやすい感じがするんだけど、いろいろ決めなきゃ行けないところがあってハードルが高い。規定も細かくてちょっと恐いです。

KOY is a yoga-massage studio managed by a well-aged and very young looking Ken. I tried a tantra session which I had misunderstood completely. I think this is a place for real yoga lovers, not a guy who wants a relaxing and sensual massage like me...

トランスポルノ

さっき初めてftmつまり女性から男性に性転換施療してるひとのエロビデオというのを見ました。あの、性器は付け替えてないやつです。jockpussy.comてサイトです。
逆はあるじゃないですか。わざわざは見ないけど、体は女性なんだけどチンチンついてる人がセックスするって設定はまあエロビデオ探してるとちらちら引っかかる。で、よく考えたらその逆もあり得るの、当たり前だったんだけど、今日はじめて本物見ました。結構ショックだね。コルビンフィッシャーとかに出て来そうな運動してる大学生っぽいイケメンさんなんだけど、チン子のかわりにマンコ(本物のやつね、けつ穴じゃなくて)が付いてる。なんでこっちの方がmtfのポルノより少ないのかわからない。なんで??トランスっていうと少なくともポルノでは立派なチンコついてるボインさんというイメージある。よく考えたらなんでだ?!

釜山 Batman

韓国はプサン 釜山のバットマンという店に行きました。
ちゃんと直後に書いておいたのをいまアップしていますが、やっぱ直後に覚えているうちに書いたヤツは臨場感があってわれながら面白いw

Utopia Asiatravel gay asiaで情報得ました。
釜山唯一のゲイマッサージ?
しかし感想としては、東京の方がいろんな意味でレベル高いかな。むしろ一般アカスリ店とかでのハプニング的な抜きを目指した方がいい気がしました。かくりつは低そうですが。
参考1
参考2
参考3

When
2017年前半です。

Course
釜山90分12万ウォンにオーラルサービス2万つけました。日本とあんまり変わらない値段で、後述するようにエロ中心に。始まる前にエロの比率聞かれて、7:3でボディマッサージ多め、と言ったが、実質は…。

Place
ダウンタウンの地下鉄ポムネゴル駅から徒歩3分くらい。前日の夜に予約して当日の日中利用。

Staff
整形前の韓国人て感じのもっさりした顔つき。年はアラサーくらいだろうか、年齢不詳だけど25-32くらいかなと思う。スタッフ何人かいるけど結局何さんだったか不明。体はうっすらと筋肉ついてすべすべできれいな体。日本語ちょっとできる、親切、ズルムケ松茸チン子、ソコソコの大きさでカチカチ。

Room
場所は幹線道路沿いの街中だけど、マンションはきれい、広めで施術室もかなり広い。マットレスを二重?にした大きめのシングルベッドが置いてあり、うつ伏せ時のヘッドレストは使うとしたらベッドの上に置くタイプ、置いてあったけど使わなかった。ベッドの上になんていうのかな、子供の学習机の上に敷く透明の厚めのビニールマットあるじゃないですか、あれが敷いてあってその上に寝かせられる。これはやだなぁ。施術前後に使えるシャワールームはきれいでタオルも変えてくれ、足を拭いてくれる。部屋は少し寒かった。

massage & more
始まっていきなりバットマン仕様のアイマスクをさせられ、そのまま壁を向いて立たされてバスローブを後ろから脱がされ、いきなりのエロスタート。爪で全身を愛撫してくるのだがくすぐったい。耳舐めてくる。甘噛みしてくるんだけどちょっと痛い。焦らされたあと扱かれる。手コキもちょっと激しめ。個人的にはローションたっぷりつけて触るか触らないかくらいでじっくり焦らされる方が好き。その辺、vihara、市ヶ谷さんあたりはじょうずだよね。
続けて立ったままひざまずきフェラ。まだマッサージのマもしてないよ。この順序。フェラはすごくうまい。フェラ下手だったら嫌だからオプションつけるか迷ったけど、普通にうまいです。ちょっといきそうになったところでベッドへ導かれる。仰向け。
さ、マッサージかな?と思ったらそんなことはなく、エロ続行。この時点でお互い全裸。こちらの股にローション塗って向こうのマツタケを入れて素股してきたり、乳首を舐められたり、手こきされたりフェラされたり。こっちも向こうのをしごいてあげたりしているうちにいきそうになってきたな、と思ったら向こうが前触れもなくこちらの胸の上にドピュドピュドピュ!けっこう出た。エロいが、行くなら行くって言ってくれ、とも思う。こちらも乳首弄られながら手コキで行く。
体を拭いてもらったあとしばらく放置。むこうがシャワーを浴びてきて、それからオイルマッサージ。仰向けのまま胸、腕、手、脚部、足裏、それからうつ伏せになって背面をちょろっとやって脚はやらずにおしまい。不満だ。
マッサージは足裏だけはクリーム使ってまあまあだったけど、あとはササって感じ、下手ではないけども…。
さらに最後にちょっと愛撫みたいのがあり、ボッキさせられてそのまま最後のシャワーという謎展開。

homepage & info
連絡はラインで。ラインの翻訳機能便利!
ホームページはどこに何が書いてあるかよくわからないけど、グーグル翻訳アプリでなんとなく解読。ラインでのやり取りは日本語でできます。ライン翻訳のクォリティがわからないので誤解がないように教科書に載ってそうな日本語でメッセージしてみました。

Batman in Busan.
The price is almost the same as in Japan, the service is more focused on erotic part than the Japanese masseur parlors I prefer. The appointment was made using Line translate. The staff had a good body, under average facial beauty, and a short but thick cock. Quite erotic (without penetration).

代々木上原 寛 healing arts

代々木上原の寛 healing arts (かつてLyckaという名前だったそうです)というお店です。

なんか、どこかのブログで弊ブログは「辛口を通り越している」と書かれてしまいました、Vitaminです。
そんなことはないつもりです。ちゃんとやってくれるところは評価します(あくまでも個人の意見です)。
ただ、ここは、久しぶりに後悔した…というわけで多少辛口になってしまうところもありますが、悪意があったりするっていう意味ではなく、あくまでも費用対効果でいうと他の乱立するマッサージ屋さんに見劣りするかな、ってところです。

When
2016年。

Course
90分コースにした覚えがあります。

Place
千代田線、小田急線でアクセスできて便利です。場所としては希少価値があります。
利用できる時間帯は、平日昼、夕、土日祝で、夜わりと早いようですが、融通効かないことはないっぽいです。

Staff
えっとですね、、、よく探すと加工されたご本人写真がありますが、いつの写真だろう?てか加工がけっこうすごい。ていってもsnowとかではないです。そういう方向性ではない。アラフィフでしょうか、背は低くて髪はそれなりに後退している感じ。動物で例えると猿系のおじさまです。毛深い。女っぽくはないんですが、しゃべり方は好き嫌い分かれそう。代々木忠っぽいタチかな。悪い人ではないと思う。

Room
古い一軒家、生活感かなり強い。いろいろ和風。電車の音が聞こえる。蚊取り線香の匂いきつくて、ちょっと頭痛くなりました。服も蚊取り線香くさくなります。シャワーは古いお風呂場だけどお湯とかオーケー、トイレは別のところ、ウォシュレットつけてあるっぽいです。施術代はまあ快適、冬はシャワー寒そう、湿度夏だったので特に気にならず。タオルは少し小さめだけど普通。という感じ。

Massage & more
マッサージは、そんなに上手じゃないと思います。脚はまあまあだけど背中とかかなり触ってるだけ。
背中、お尻、脚、腕、脚表、胸腹鼠蹊部などは、エロいです。オイルが少なめで、そこまでくすぐったがりでは無いはずの僕でも触られるとくすぐったかった。
良いのは脚と最後のエロタッチ、腕もまあまあ、ダメなのは背中。首肩はぜんぜん。
ご本人に僕が性的魅力を感じなかったので、エロいかどうか言いづらいんですが、途中ふと触ってみるとカチカチで我慢汁ビショビショだったのはエロい...かな。

Homepage & info
なんかうまく引っかからないんですよね。料金体系は明快で、電話、メール対応問題なしです。

Kan healing arts in Yoyogi Uehara. A Japanese style house, "swedish" massage which seemed to me a little bit weak and unfocused.
The masseur is in his late 40s or early 50s, short guy with body hair. The sensual part may be the most attractive for those who look for it.

裏垢(恥垢?)

最近ツイッターの裏アカウント作ったんですけど、やってるうちにだんだん混乱してきてしまって。みなさんどんな感じで多重生活を送っているんだろうかと。
例えばですね、このビタミンブログは、オフ会もしないしマッサージのレビューも覆面だし、一切リアル界の人間関係には結びつかないんですよね。完全に僕の内なるゲイマッサージ趣味とそれ以外に思ったことを呟いて、会ったこともない読者のみなさんとちょっと交流するくらい。
それ以外にゲイ生活のアカウントとしては、エロ動画やイケメンやチンポをリブログしているだけのTumblrのアカウントがあります。自撮りとかは無しで、数人のゲイ友に教えた以外やはりほぼ孤立したアカウントなので、それらのゲイ友が言いふらさない限りは僕の普段の生活や人格?と結びつくことはない。こちらのブログと関連づけも一切ないので、実際の表向きの顔とは別に二つのネット上の人格?があるってことですね。
それから出会い系アプリ。これも上記二つのアカウントと結びつきはないです。アプリで会った人や友達になった人とはライン交換したりメール送ったりはしていて、ラインは表裏共通なのでそこがギリギリ複数人格の接点。でもビタミンブログやタンブラーとは繋がらない。ホモエロな自分ってことでは共通なのに。この辺は自分でもちょっと神経質すぎるなとは思いますね。だけどビタミンブログは東京ゲイマッサージ界のバンクシーでありたいんですよ!(ナンノコッチャ)
これに加えてツイッターの裏も始めちゃうと、何が何だかわかんないなと思いまして。意外とみんな無邪気に、裏アカ全部関連づけて管理してるのかな?ツイッター裏アカは最初エロい画像見たりあわよくばセフレゲットのつもりで始めたけど、最近はだんだん若い子たちのまったりした日常と明るいエロトークに癒されてる笑。しかしあーいうふうに顔出ししたり現在地呟いたり実際の友達とツイッター上でじゃれあったりしてるのは、ほとんど裏とも言えない気もする。裏アカだろうが出会いが目的ならどっちにせよ会った人にとってはリアルな本人と裏アカが関連づけられちゃうしね。どうすりゃいいんだ?
Next page