Vitamin Massage's Blog

東京ゲイマッサージ たまーにゲイ向けのマッサージにいったりしたときの感想を書きます。ガチムチよりはスリ筋、おじさんとガッツリセックスよりは若者と軽く。About some impressions on gay-oriented (m4m) massage services (mostly Tokyo)

ゲイマッサージ廃人

客観的に言ってすごいイケメンの腐れ縁?セフレがいます。城田優にちょっと似てるんだけど、ここ数年、お互い忙しくてずっと会っていませんでした。
ところが先日、本当にたまたま、出張先で何気なくアプリを開いたらそいつがいて。話しかけて、メッセージのやりとりが始まりました。勝手知ったる仲なので、すぐにsextingになって、ザーメン掛け合いたいね、みたいな話になったのですが、お互い同僚やら上司やらと一緒だったので、その日は流れて、また東京でみたいなことになりました。
その後もたまにメッセージしてて、今週末、会おうよみたいに誘われたんだけど、なんでか知らないけど、そいつと会ってしゃぶり合いするより、お金払ってゲイマッサージ行きたいと思ってしまって。
自分でも、ゲイマッサージのせいかわからないけど、いろいろ歪んできた気がします…笑。
ゲイマッサージは、お金かかるけど、決まった時間内でマッサージしてもらえて、軽く抜いてももらえて、選びたければ面倒抜きでそれなりの見た目の初めて会う人にサービスしてもらえる。一方、古参のセフレさんだと、いや、今でも普通にかっこいいんだけど、こっちもサービスしなきゃいけないし、やるだけの仲ではないので、会ってお茶か食事して、ヤッて、そのあとちょっとだらだらしたら3-4時間はかかる。なんかそのことが、とてもめんどくさいことに思えてきてしまって…いやー自分でも頭おかしいことはわかるんですけどね…。恋愛ではないにせよ、セックスをとりまくもろもろのプロトコルが、すごいめんどくさくなってしまっている…ゲイマッサージってそこ全部すっ飛ばしじゃないですか。お互いの気持ち確かめ合ったりしないし、食事したりしないし、サービス側とサーブド側がはっきりしてて。ウリ専だと、さすがに客がずっとマグロってわけにはいかない、というか、それはそれで楽しみが半減だし。
というわけで、ゲイマッサージは青少年の性愛感覚をおかしくするので、恋がしたい人や若い人は避けたほうがいいのかも。おれは、時間とお金があれば週2くらいで行きたい…
今年はTopboyとかTigerとかのエロボーイ系をいくつか巡りましたが、あんまりレビューないですね。またそのうち書きます…

ネットホモックス(1)

ネットフリックスとかアマゾンプライムとかフールーのおかげで、いろいろな国のいろいろな映画やドラマが見られるようになりましたね。大半はアメリカと日本(日本のIPアドレスから視聴した場合)だけど、たまに別の国のネットフリックスで製作・放映されたものが見られることもあり、なかなか興味深いです。もちろん、近作の大ヒット作が多くて、最新作はだいたい1年後、過去の古典作品や文芸系はもっと弱いのは歯がゆい。もっと世界中の過去から現在までの作品を、リージョンコードなど無く自由に見られるようになって欲しいのはやまやまですが...。
ただ、ネットフリックス以前以後の最大の?違いとして、ゲイをテーマにした、ゲイが登場する作品がすごくアクセスしやすくなっているということが挙げられます。近年のLGBTQの認知度UPということももちろん関係があるでしょうが、一作品視聴すると、こんなのもお好きでは?みたいのが出たり、LGBTQ(このカテゴリーも強引だよなあ...)て枠でゲイをテーマにした作品が並べられるので、どんどん見られます。
ネット黎明期から、ゲイをテーマにした映画などを紹介するブログはありましたが、かなり積極的に探し続けなければならず、それに比べたらなんと気軽にゲイが普通に生活したり恋愛したりする姿を見られるようになったことでしょう。

というわけで、マッサージブログ(最近はリピートばかり)とは別立てにしようとおもったのですが、FC2は同じIDで複数のブログが開設できないということなので、Vitamin Massage内に新たなカテゴリー:ネットホモックスを立てたいと思います。

よろしくお願いします。

とりあえず最近感銘を受けたのはオーストラリアのテレビドラマPlease Like Me、日本未上陸ですがヨーロッパ出張中に見てはまったMerlí(邦訳されるかな?)。

前者はすでにご覧になった方もいるのでは?オーストラリアのコメディアン、ジョシュ・トーマス監督・主演の日常系ドラマ。ジョシュ・トーマス演じるジョシュには躁鬱のお母さんがいて、そのお母さんとの関係がこの、頭のおかしい人しか出てこないのに妙に感情移入できるドラマシリーズの一番重要なテーマになっているんだけど、同時にジョシュとボーイフレンドたちの関係も中心的なストーリーのひとつになっています。イカホモて感じのゲイはあまり出てこないのですが、きれいなオージー男子たちが惜しげもなく裸になり、ハァハァいってくれるのは嬉しい(?)。このシーンとか、監督の趣味丸出し...w

バルセロナの公立高校の型破りな哲学教師Merlíが主人公の後者は、Merlíの息子Bruno(David Solans)とクラスのヤンキー・ヤリチンキャラだが根は優しいPolの恋が見どころのひとつ。というか、自分的にはBrunoばっかり見てた。Brunoがかわいすぎるためか(声は残念)、おじさんになったせいか、あるいはゲイの恋愛だから、自分の失われた青春を思って感情移入できるのか、高校生の恋愛ドラマとか昔はどうでもえーと思ってたけど、結構夢中で見てしまいました。スペインの高校生なんで、日本より、がんがんディープキスするし、ベッドシーンも多め。
とりあえずブラジル人?がまとめたブルーノとポルの映像集があったので貼っておきます。

せっかくだからNetflixのアフィリエイトのリンクでも貼ろうかと思ったら、アフィリエイトやっていないんですね。強気だ。

Merlí: フランスのアマゾンのリンク。

ブログ(再開されました)

マッサージだけじゃないんですが、
遠距離恋愛ゲイの独り言
というブログを巡回中に発見。
パリのゲイ界の後藤久美子さんとは違い、気取ってる感じじゃないけど文才あって読んでて楽しい!
発展車両から家族に結婚しろとなじられる話まで、クローゼットなゲイ男性の悲喜こもごもな感じがさらっと書いてあって、誠実な人柄も滲みます。

こちらのブログの作者のゴウさんから、再開のご連絡を頂きました。
遠距離恋愛ゲイの独り言〜ふたたび
エロは封印ということがちょっと残念ですが、サワコのエピソードは何度読んでもいい話。そして、旦那さんとのドラマチックな出会いの話にほっこりしました。

やりめにつづき

どうでもよい話ですが、ヤリ目をやりめって読んでいた僕ですが、陰キャもかげきゃって読んでました。
いんきゃっていうんですね...おじさんついて行けないです。

キングコブラ

Netflixでジェームズ・フランコが出ている、実話を基にしたゲイポルノをテーマにした映画キングコブラあったから見てみました。ブレント・コリガン好きだったし元の話については結構詳しく調べたこともあり、あとジェームズ・フランコが制作中っていうニュースも見ていたのでそこそこ期待して見たんですが…

  • セックスシーンが全くエロくない

  • ブレント役が可愛くないしヒゲの剃り跡が青すぎる

  • 演技が大げさ

  • 各人物、セクシュアリティ、恋愛感情、業界事情の描写すべてが中途半端でB級感が‬半端ない


と、まあ、駄作でございました。ジェームズ・フランコは歳食って売れなくなった元ウリセンのピンプなんだけど、十分エロカッコいいのでもっとヤラシイ演出にして欲しかった。
ソダーバーグが撮ってたらもっと面白かったんじゃないかなと。あと事実に合わせすぎという気もした。どう考えてもこの映画見る観客の9割はゲイなんだろうから、ゲイの意見とりいれて作ったら違うものになっただろうに…
Next page